コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~

コピーライティングは重要です。ネットだけでなくリアルのビジネスにも使えるこの技術。身につけることができれば一生使えるコピーライティングについて発信しているブログです。
コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~ TOP  >  スポンサー広告 >  記事作成 >  記事はわかりやすい言葉を使って、文章構成し更新しよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記事はわかりやすい言葉を使って、文章構成し更新しよう。

ブログやサイトの記事を書くときには、
読み手に理解される言葉で書かなければ
読み手にこちらの言いたいことが伝わりません。

文章を書いて読んでもらう事を目的に、
情報を発信していくためには、
書いてあることを理解してもらわなければ、
どんなに読者に有益な情報であっても伝わりません。


写真や図・グラフなどを用いて記事を構成していけば、
言葉を重ねて説明をするより、何倍も理解度が深まりますが、
どんな場合にでも写真や図・グラフがあるわけではないですよね。


そんなときには言葉だけで、
相手に理解し共感をしてもらわなければいけません。


では、どんな言葉を使えば理解してもらうことができるのでしょうか。


人によって理解できる言葉の難易度は違います。

理解してもらうためには、たくさんの人が理解できる言葉で、
文章を書いていかなければいけないですよね。


難しくなく、易しすぎず、
ちょうどいい程度の言葉難易度は、以前にも記事にしましたが、
中学生が理解できる程度の言葉がいいそうです。


なぜ、中学生が理解できる程度の難解度がいいのでしょうか?

中学生ではなく、小学生・高校生がわかる言葉を使って、
説明してもよさそうなものですが・・・。


小学生がわかる言葉を使って説明をしていくと、
ちょっと説明が易しすぎになってしまい、
かえって理解できなくなってしまいます。


高校生レベルでは、少し難しくなってしまうので、
小学生でもなく、高校生でもなく、
中学生がちょうどいい感じのレベルなんですね。


ただ、難解な言葉を使ってはいけないということではありません。

専門用語やあまり一般的でない言葉を使う場合は、
その言葉の後に必ず説明を付け加えることで、
読者の理解を助けることができます。

そうすることによって、自分の言葉の理解度もわかりますし、
文章の書き方も上達していくことは間違いありません。


記事を書くときは、小学生でもなく高校生でもなく、
中学生が理解できる言葉を使って書いていきましょう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの応援が励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
    ↓ ↓ ↓



ネットビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014年10月20日 16:38 ] カテゴリ:記事作成 | TB(-) | CM(2)
こんにちは!
こんにちは!
私は、専門職にあって、時々専門用語で説明しないようにしようと心がけてはいるのですが、ある時、ふっと出てしまいます^^;
文章もしかりで、分かりやすく、でも易しすぎず、の配慮が難しいなと思います。でも読んでいただくためには、しっかりと肝に銘じておかなくては、ですね。

どうもありがとうございます♪
[ 2014/10/22 11:09 ] [ 編集 ]
相手に伝わる文章を書くこと、とても大事ですね。

中学生に理解できるようにという発想、なるほどと思いました!

参考にさせていただきます(^_^)

自分のブログも中学生に理解できるか読み返してみたいと思います。

応援クリックしていきますね!
[ 2014/10/22 23:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。