コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~

コピーライティングは重要です。ネットだけでなくリアルのビジネスにも使えるこの技術。身につけることができれば一生使えるコピーライティングについて発信しているブログです。
コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  具体的な文章は、イメージを統一するために必要なこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

具体的な文章は、イメージを統一するために必要なこと。

「ブログ等の記事を書くときは、具体例などを織り交ぜて、
文章を構成したほうが、読み手にイメージを湧かせることになって、
共感を得やすくなる。」

と、以前ブログの記事に書きました。


記事の中に具体的なことを書くことによって、
読者の共感を得やすくなり、行動をしてもらうことにつながるから、
記事には具体例を織り込んだほうがいいですよと書きました。


今回は、それに付け加えて、
「なぜ、記事の中に具体例を書いたほうがいいのか。」ということを、
書いていきたいと思います。


読み手の頭のなかに具体的なイメージを湧かせることが、
大事だということは同じなのですが。

さらに、その読者のイメージを統一するということも、
合わせて大事なことになります。


どういうことかといいますと、
人が文章を読んだときに、頭に思い浮かべるイメージというものは、
人それぞれ違います。

そこで、その読んだ文章から受けるイメージを、
人それぞれのバラバラなイメージではなく、どんな人が読んでも、
同じイメージを思い浮かべるようにするということです。


どうすればそれぞれ違うイメージを統一できるのか。

それは、文章を書く際、
今までと同じように具体例を入れこんで書いていくのですが、
細部をより詳細に書きこんでいくことです。

そうすることによって、読んだ文章から思い浮かべるイメージが統一できるようになります。


例えば、「今日、ネコに出会いました。」と
書いてあったとして、
どんなネコのイメージが浮かびましたか?


おそらく、自分が思っているネコのイメージが、
頭のなかに浮かび上がったと思います。

人はそれぞれ自分が持っているイメージがあるので、
同じ文章を読んだとしても、イメージまでも同じということは、
なかなかありません。


このイメージの差を埋めるために、
細部までより詳細に具体的な言葉を使って、
イメージの幅をコントロールする。

これが大事なことになってきます。


記事の中に具体的なことを書くときは、
細部までより詳細に書いて、読み手のイメージを、
統一していきましょう。

そうすることで、いままでより共感する読者が、
増えていくかもしれませんよ。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの応援が励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
    ↓ ↓ ↓



ネットビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014年10月19日 16:01 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。