コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~

コピーライティングは重要です。ネットだけでなくリアルのビジネスにも使えるこの技術。身につけることができれば一生使えるコピーライティングについて発信しているブログです。
コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  イメージの湧く文章を書こう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イメージの湧く文章を書こう。

その書いている文章を読んだとき
文章から具体的なイメージが湧いてきますか。

文章を読んでもらい行動してもらうためには
頭のなかに具体的なイメージを湧かせ
共感してもらうことが必要です。

共感することなく
行動してもらうことは相当難易度が高いことです。

この”行動してもらうという”難易度を下げるためには
やはり共感してもらうことが一番の近道になります。

そして
共感してもらう可能性が高くなるのに必要なことが
イメージをしてもらうことです。


イメージしてもらう度合いですが
ただ漠然としたイメージでは共感してもらう可能性は
弱いと思います。

漠然としたイメージではなく
より具体的で記事を読んだときに
鮮明に細部にわたって頭のなかにイメージできるぐらいがいいです。


ただ単に「おいしいものを食べました。」と書いてあるより
どうおいしかったのか

色合いは?

味は?

食感は?

これらの事が具体的に書いてある方がイメージしやすいですよね。


テレビ番組などでお店に入り
食事をする場面で
食レポといわれるものをしているところを
見たことがあると思いますが。

そのレポートを聞いた時に
わかりやすいときとわかりにくいときがありませんか?

わかりやすいときというのは
食事をして説明する人の表現方法がわかりやすく
イメージしやすいので自分のなかにすんなり入ってきます。

しかし
わかりにくいときというのは
その人独自の表現方法を使っていることが多く理解できません。

そのためイメージをつかみにくく
自分の中にすんなり入ってこないのです。


記事を書く際もこれと同じことが言えると思います。

読む人にイメージを持ってもらうために
具体的に説明をすることは必要ですが
表現方法がわかりづらかったら効果は半減してしまいます。


文章に具体的なことを書いてイメージを持たせることは重要です。

しかし
わかりやすい表現でなくては意味がありません。

わかりやすい具体的な表現方法で
イメージを湧かせましょう。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの応援が励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
    ↓ ↓ ↓



ネットビジネス ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014年10月04日 18:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(-) | CM(1)
こんにちは!デラです。

具体的かつ分かりやすいもの
を是非伝えていきたいですね。

毎日やっていく中で実践しながら
やっていく次第です。

また遊びに伺います。
応援ぽちっと。
[ 2014/10/06 07:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。