コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~

コピーライティングは重要です。ネットだけでなくリアルのビジネスにも使えるこの技術。身につけることができれば一生使えるコピーライティングについて発信しているブログです。
コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~ TOP  >  スポンサー広告 >  記事作成 >  記事の中には具体例が必要。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記事の中には具体例が必要。

記事を書く際には具体例を入れることをお勧めします。

具体例を書くことによって
読む人が記事を読んだときに想像しやすくなります。

この想像しやすくなるということに
大きな意味があります。


なぜかというと
想像しやすいということは
頭の中でイメージをつかみやすいということです。

記事を読んだときにイメージを掴みやすいということは
共感を得やすいということにつながります。

この共感を得るということがとても大事なことで
共感することができるかできないかで
その後の読み手の行動に違いが出てきます。

どういうことかというと

共感できた場合は
その後にこちらが望む行動をしてくれる可能性が高くなり

共感できなかった場合には
その逆でこちらが望む行動をしてくれる可能性は低くなってしまいます。


自分がそうなのですが
ブログやホームページなどの記事を読んだときに
記事の内容に共感できた時には
メルマガの読者登録などをします。

その逆に共感できなかった場合には
なにもすることなくそっとブログなどを閉じてしまいます。

また
書店に行ったときに
本の概要を確認して興味をもつことができ
本の内容に共感できた時にはついつい買ってしまいます。

このように共感を得るということは
その後の行動につながりやすいということになります。


そして
その共感をどのように得ていくかという手段が
文章の中に具体例などをおりまぜていくことにより
読み手にイメージさせやすくするということになります。


これは個人的な思い込みかもしれませんが・・・。

具体例を記事に入れ込むときには
自分が体験したことや失敗してしまったことなどを入れると
より共感度が増すような気がします。


ともあれ
記事の中に具体的なことを入れ込むことで
イメージを湧き上がらせ共感を得やすくなることは間違いありません。

是非試してみてください。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの応援が励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
    ↓ ↓ ↓



ネットビジネス ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014年09月30日 16:41 ] カテゴリ:記事作成 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。