コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~

コピーライティングは重要です。ネットだけでなくリアルのビジネスにも使えるこの技術。身につけることができれば一生使えるコピーライティングについて発信しているブログです。
コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~ TOP  >  スポンサー広告 >  記事作成 >  コピーライティングはリサーチで決まる?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コピーライティングはリサーチで決まる?

コピーライティングはリサーチが命。

読み手の心理を読み
読み手に響く感情をつかんで言葉を紡ぐために
リサーチは必要なことなんですね。

この読み手の気持ちを理解できないまま文章を書いても
記事を読んでもらえず
共感をえることもできないままになってしまいます。


自分もよくやってしまうのですが
自分の思い・主張だけを記事にしてしまいます。

そこには
読み手の”何を知りたいのか”という気持ちを
まったく考えていないかのような文章を書いてしまいます。

とにかく記事を書こうという気持ちばかりが先走ってしまい
読む人の気持ちを考えるということを
ついつい怠ってしまいます。

これでは
いくらブログを更新してもなかなか読んでもらえませんし
記事の内容についても共感を得ることは難しいですよね。

こうならないためにも
「読む人はどんなことがしりたいのだろうか?」という事前調査は
しっかりとしておいた方がいいです。

そのうえで
記事を書いた方が読み手からの反応のいい記事を書くことができます。


いい記事というのは
キレイな表現ができればいいというものではないみたいです。

まったく無駄でいらないというわけではないでしょうが
それよりも
いかに読み手の心理を読み
その気持ちに響く言葉は何かを考え
それを文字にして記事を書いていく。

こちらのほうがはるかに大切で優先すべきことのようです。

すぐに身につくような技術ではありませんが
この相手の気持ちを読み
相手の心に響く言葉で記事が書けるようになると
自分にとって大きな強みになることは疑いようもありません。


ブログ記事更新に限らず
なにか商品などを紹介する際にも使える技術だからです。


SEO対策なども確かに必要ですが

この
”相手の気持ちを読み
相手に響く言葉を考え
その言葉をもって文章を書いていく”技術を身につけることを
考えてみてはどうでしょうか。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの応援が励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
    ↓ ↓ ↓



ネットビジネス ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014年09月28日 17:09 ] カテゴリ:記事作成 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。