FC2ブログ

コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~

コピーライティングは重要です。ネットだけでなくリアルのビジネスにも使えるこの技術。身につけることができれば一生使えるコピーライティングについて発信しているブログです。
コピーライティング覚書 ~コピーライティングは大切!大切っ!!~ TOP  >  スポンサー広告 >  記事作成 >  記事を書くときは言葉をかみくだくといい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記事を書くときは言葉をかみくだくといい。

記事を書く際の言葉は
誰にでもわかる言葉でわかりやすくすることで
共感されやすくなるそうです。

どの程度のわかる言葉わかりやすさかは
人それぞれだとは思いますが
おおむね中学生でも理解できるぐらいのわかりやすさだそうです。


なぜ
ここまでわかりやすい言葉にしなければいけないのでしょうか?


自分に当てはめて考えてみるとよくわかるのですが。

自分が今までやったことのないことや知らなかったことを
新しく知ろうとしたときは
自分の理解できない言葉の方が多いことがあります。

そんな理解できない言葉で説明されたとしても
話の内容が頭の中に入ってきません。


病院に診察してもらっているときなどはどうでしょうか?

インフォームド・コンセントといって
医師に診察結果や治療方法を説明してもらうこともあると思いますが
難しい医療用語を駆使して説明されても理解できませんよね。

医師側で考えたとき
患者に診察結果や治療内容を納得してもらうためには
わかりやすい言葉に置き換えることが必要だと思います。


難しい言葉を誰にでもわかるような言葉に置き換える。


これは
ネットビジネスにおいても同じことが言えますね。


商品などを説明したりするときなど
ネットビジネスにおいて文章は必須なものですよね。

ただ
そんな記事の中にどれだけ言葉をならべても
納得してもらわなければ意味がありません。

自分の言葉で説明することはもちろん大事なのですが
わかりやすい言葉を使い噛み砕くことによって
読んでいる人に届くことがなければ意味がないですよね。


記事を書いても読んでいる人が共感してくれなければ
成約率につながらないことになってしまいます。


難しい言葉よりもわかりやすいほうが共感を得やすいんですね。

なので
ブログやメールマガジン等において記事を書く際には
ぜひわかりやすい言葉で書いてみてはいかがでしょうか。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの応援が励みになります。
応援クリックよろしくお願いします。
    ↓ ↓ ↓



ネットビジネス ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014年09月25日 20:42 ] カテゴリ:記事作成 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。